▶サイトマップ ▶お問い合わせ ▶アクセス






























































平安後期から南北朝時代位の武将の晴れ着としての鎧で、神社などに奉納されていた奉納鎧です。美術品として世界に誇るこの時代の美しく格式高い鎧兜です。
奉納鎧は面頬や手・足・沓は付いておりません。兜・大袖・胴で一揃いとなり正式です。台や屏風飾りとして端午の節句を祝うだけでなく、櫃と共に単独で1年中床の間やリビングに飾れます。





義経が着用したと伝えられる。壇ノ浦の合戦で平家方の攻撃をかわし、八艘の船を次々と越えて勝利したという八艘飛びの伝説にふさわしい軽快な感じの鎧です。


国宝赤糸威胴丸鎧 四分之一模写
(愛知)大山祇神社所蔵 平安時代末期
商品番号321H 
サイズ 間口 84cm 奥行 50cm




飾り物・弦走韋



草摺

 
 



Copyright(C)2008 KOBOKUNINGYOU Co.,Ltd.All Right Reserved.