▶サイトマップ ▶お問い合わせ ▶アクセス






























































平安後期から南北朝時代位の武将の晴れ着としての鎧で、神社などに奉納されていた奉納鎧です。美術品として世界に誇るこの時代の美しく格式高い鎧兜です。
奉納鎧は面頬や手・足・沓は付いておりません。兜・大袖・胴で一揃いとなり正式です。台や屏風飾りとして端午の節句を祝うだけでなく、櫃と共に単独で1年中床の間やリビングに飾れます。




戦記物にみられる「黒糸威」とも呼ばれ濃い紺糸威で重厚感のある鎧です。


国宝紺糸威大鎧 四分之一模写
(広島)厳島神社所蔵 平安時代末期
商品番号321F 
サイズ 間口 84cm 奥行 50cm

国宝紺糸威大鎧の兜 四分之一模写
(広島)厳島神社所蔵 平安時代末期
商品番号311F
 サイズ 間口 70cm 奥行 40cm



Copyright(C)2008 KOBOKUNINGYOU Co.,Ltd.All Right Reserved.