▶サイトマップ ▶お問い合わせ ▶アクセス






























































平安後期から南北朝時代位の武将の晴れ着としての鎧で、神社などに奉納されていた奉納鎧です。美術品として世界に誇るこの時代の美しく格式高い鎧兜です。
奉納鎧は面頬や手・足・沓は付いておりません。兜・大袖・胴で一揃いとなり正式です。台や屏風飾りとして端午の節句を祝うだけでなく、櫃と共に単独で1年中床の間やリビングに飾れます。



鎧兜に小桜文様の皮威で源氏八領の1つ。「楯無しの大鎧」とよばれている。


国宝小桜黄返皮威大鎧 四分之一模写
(山梨)菅田天神社所蔵 平安時代末期
商品番号321D 
サイズ 間口 84cm 奥行 50cm

国宝小桜黄返皮威大鎧の兜 四分之一模写
(山梨)菅田天神社所蔵 平安時代末期
商品番号311D
 サイズ 間口 70cm 奥行 45cm



Copyright(C)2008 KOBOKUNINGYOU Co.,Ltd.All Right Reserved.