岩槻・さいたま市の日本人形店なら【小木人形】の小木の五月人形 国宝~戦国武将まで。時代と共に進化する鎧

  サイトマップ お問い合わせ アクセス 
 
  • mixiチェック

小木の五月人形 国宝~戦国武将まで。時代と共に進化する鎧

■2018/03/27 小木の五月人形 国宝~戦国武将まで。時代と共に進化する鎧
甲冑を見れば時代がわかります。


    【大鎧】       【当世具足】

ポイントは3つで、兜の鉢の形、胴の素材、草摺の分割です。

なぜ、進化したのでしょう?
それは、時代により武器や戦い方が変化していき、身を守るための甲冑も改良されていったからです。

兜の「鉢」は、“載せる”のものから、後頭部まで頭全体を覆って守る形状に変化しました。
胴は、武器が弓から銃へと移り変わるとともに強固な素材で隙間なく作られました。
そして、草摺(くさずり)と呼ばれるスカートのような部分は、馬上で戦う平安・鎌倉時代は下半身を覆うように4枚のものが主流でしたが、戦国時代に走ったり、山を登ったりと機動力が必要になったため分割化が進みました。

【大鎧】
源義経、足利尊氏など平安~室町時代の騎乗の上級武士が着用していた鎧は『大鎧』というものです。
1対1で正々堂々と戦った平安時代の戦。
優美な甲冑を身に付けた貴族武士たちの戦は、鍛え上げられた弓馬で戦いを挑みます。
大袖(肩部の盾)や大きな吹返し、鳩尾・栴檀板など、騎馬戦、騎射戦が中心のため、馬上での防御、対弓防御を重視して作られています。
ですが、重量もあり徒歩での戦闘には不向きな鎧でした。

【腹巻、胴丸】
主に徒歩で戦う下級武士や従者などが着用していた鎧が『腹巻』『胴丸』です。
袖がなかったり、兜がない場合があるなど防御面において非常に簡略化されている反面、軽く動きやすい構造のものでした。
時代が変わり南北朝期以降、山の砦などに攻めることが増え、弓より槍を使った接近戦が有効になっていき、戦闘の方式が集団戦、近接徒歩戦に移っていくと、上級武士たちも動きやすい腹巻、胴丸を着用するようになり、大鎧は廃れていきます。

【当世具足】
戦国時代以降にになると、集団戦のほか、長く続く戦乱や鉄砲の登場などにより、より生産性が高くかつ堅牢な鎧が求められ、腹巻、胴丸は『当世具足』へと発達します。
「当世」とは「現代の」という意味で、「具足」は、“具が足りている”ということから兜・胴・袖・面頬等一式すべて揃っている状態のことです。
当世具足は、それまで複雑な工程や部品で製作される鎧と違い、板札や鉄板、蝶番などを使った、大量生産に向き、着用が容易で機能性と、対鉄砲防御性を両立させたものです。

また、デザインの工夫がされており、奇抜な形態の変わり兜とともに、戦場で自らの存在を誇示することが狙いでした。



お子様やお孫様のために選ぶ五月人形。
小木人形にある兜や鎧は、それぞれ歴史が積み重なっています。
歴史の授業が苦手だったという親御様もいらしゃると思いますが、いつか大きくなったお子様にお話ししてあげるためにも、ご購入された鎧や兜についての歴史の知識を増やしてみませんか。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
小木人形 人形のまち岩槻(五月人形、雛人形)
http://koboku.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ヶ場2丁目1番3号
TEL.048-794-2964 FAX.048-795-0518 E-mail info@koboku.co.jp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
株式会社 小木 〒339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ヶ場2丁目1番3号
TEL.048-794-2964 FAX.048-795-0518
E-mail info@koboku.co.jp
Copyright(C)2008 KOBOKUNINGYOU Co.,Ltd.All Right Reserved.